まなびと!

まなびと!

自らが学び続ける教師でありたい。振り返りの記録です。

[家庭科]結婚について考える。相手に求める条件に順位付け。

スポンサーリンク

職場で発表した小レポートです。

生徒はわいわい言いながら条件を並べ替えながら考え、周囲は何を選んだのか気になったりして楽しんでいました。

若いながらも、環境からいろいろと学んでいるんだね。

結婚相手に求める条件ワーク

ワーク 結婚相手に求める条件、ダイヤモンドランキング

分野:家族・家庭(家族の歴史、家事労働、家族と法律などについて扱う)

ねらい:身近な結婚について考える機会を持つ。

互いの意見を交流することで、意見が人それぞれでということ、それでOKということに気づく。

方法

① パートナーを選ぶ条件に1-9位まで順位をつける。切り取って糊付けする。

6268092437_1b3f1ea01e_m 

②1位を選んだ理由を記入する

6268617536_7e3de548e6_m

③周囲の人と交流する

④10人程度指名し、黒板に1位の条件と理由を書いていく

⑤振り返りを記入する

【1位の条件と理由】

条件 理由
私を理解してくれる
  • まずはお互いの理解から!(女子・男子)
  • 素の自分を出せそう(女子・男子)
  • 安定しない職業を目指しているので、そういう自分を理解してくれる人じゃないとダメ(男子)
収入
  • 家庭を築くのに、稼いできてもらわないと困る(女子)
見た目
  • 他がどんなによくても、毎日見るものだから見た目第一(女子)
性格
  • 収入は変わるかも、職業も安定しない、そんな中、変えられないのは性格だけ
  • 性格が悪いと救いようがない(男子)
共通の趣味
  • 趣味が合うほうが絶対に楽しい!(女子・男子)
  • 会話が続きそう。(女子・男子)
健康
  • 楽しく過ごすには健康が必要だ(男子)
職業
  • 正社員じゃないと困る。フリーターとか勘弁して(女子)
家事育児
  • 俺のねーちゃんが、ダンナが家事育児しないから生後1ヶ月の赤ちゃんを連れてウチに帰ってきてしまった。やっぱ男も家事育児できないとこれからはヤバいだろ(男子)

1位に出なかったもの:学歴(自分にないから相手にも求めない、など)

実践してみて

  • 10人程度当てただけで、これだけのバラエティがあることに驚いた。
  • 振り返りでは、結婚相手の条件の難しさや、この条件が一致する相手のほうが気が合いそう、などの意見が寄せられた。
  • 「テストに出しにくい」などのデメリットはあるがバランスよく取り入れ、生徒の自立の一助になるような実践を続けたい。

評価の問題はあるけれど、生徒とともに考えるような実践が好きなんだよね~。

今の家庭科ってどんなことやってるの?と気になった方はコチラがおすすめ。

「正しいパンツのたたみ方」って?

NHK高校家庭総合の監修もされている、大阪の南野先生の著作です。

南野先生は男性の家庭科の先生(まだ、珍しい扱いをされている…)。

英語の先生をされていましたが、現在は家庭科の先生として大活躍されています。

家庭科教員のいいたいことがほぼ詰まってます!

ではまた☆

広告を非表示にする